不動産用語辞典

住宅に関する賃貸用語についてご説明しています。参考にしてみて下さい。 

あ行

RC

Reinforced Concreteの略で、鉄筋コンクリートのこと。

IH

IHとは、Induction Heaterの頭文字を取ったもので、「電磁誘導加熱器」という意味である。

アパート

1階建てもしくは2階建ての共同住宅で、建築構造が木造または軽量鉄骨構造のものを一般的に指している。

WIC

ウォークインクローゼットです。 歩いて入れる部屋状の大型収納スペースのこと。 人が歩いて入れない場合は単に「クロゼット」と呼ぶ。

ウッドデッキ

庭先に向いたテラスの上に設ける木の甲板のこと。 広さは3~6畳程度。屋根は付けないが、屋内の延長のような空間で、スリッパを履いたままウッドデッキに出て、お茶を飲んだり、食事を楽しむ。

ALC

Autoclaved Light-weight Concreteの略で、軽量気泡コンクリートのこと。 内部に無数の小さな気泡を含むため、軽量で施工しやすく、断熱性や耐火性に優れている。 鉄骨造等の外壁や内壁、屋根、床などに使われる。

SRC

Steel Reinforced Concreteの略で、鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。 柱・梁など骨組みを鉄骨で組み、その周囲に鉄筋コンクリートをかぶせて一体構造にした建築工法。強度に優れ、マンションなど高層建築に用いられる。

エントランス

建物の出入り口部分のこと。 マンションでは、建物の正面玄関に設けられた広場を「エントランスホール」ともいう。

オール電化

冷暖房や給湯、調理設備など、住宅内の熱源をすべて電気としたシステム。ガスの供給がないのと深夜電力を利用しているのでランニングコストを抑えてられる。

か行

管理組合

分譲マンションなど区分所有建物の区分所有者で構成する団体のこと。 区分所有法によって定められており、分譲マンションを購入すると必然的に管理組合の一員となる。 建物全体の維持・管理や共同生活のルールづくりなど、管理全般についての決定と実施の主体であり、一般的に管理組合の活動が活発なほど居住性は高まる。

管理費

分譲マンションの区分所有者が管理組合に納入する、共同で使用する施設や設備の維持管理に必要な経費のこと。 管理に必要な経費を出し、それを専有部分の持ち分面積に応じて負担するのが一般的。

共益費

賃貸集合住宅等で、家賃とは別に毎月支払う費用のこと。 建物全体の清掃や補修、警備等にかかる費用や共用部分に関する付加使用料に相当する。

クッションフロア

表面がビニール素材で、わずかな弾力を持つ床し材を張ったもの。 水を通しにくいため、洗面所、脱衣所などに多く用いられる。 最近ではフローリングにそっくりの木目調などもある。

クロス

壁や天井等に張る内装材のこと。布、ビニール、和紙などが使われる。

軽量鉄骨

木の柱、梁の代わりに鉄骨を用い、外壁、内壁をビス止めして家を作り上げる構造。 外壁、内壁に用いられるのは、強化プラスチックやセラミックの板、そして木や軽量鉄骨化されたコンクリートなどさまざまな素材。

結露(けつろ)

空気中に含まれている水分が、建物の内部や壁面、窓ガラスなど冷たい物に触れて水滴となって付くこと。 住宅内では冬期に、暖房器具によって水蒸気が出るため、北側の部屋や外壁に面した押入れの中に結露が起きやすい。 結露は住宅を傷める原因ともなるので、室内の換気をよくして高湿度になるのを避けたり、断熱性能の高い壁材や窓を使うと効果的。

さ行

システムキッチン

流し台や調理台、コンロ、収納スペースなどを組み合わせて作るキッチンのこと。昭和40年代にドイツから輸入され、当時の最高級品だったが、今では一般的な住宅にも普及している。最近では、食器洗浄乾燥機や浄水器などをビルトインした多機能な商品もある。

た行

耐火構造

建築基準法で定められた耐火性能を備えた構造のこと。鉄筋コンクリート造、レンガ造などが相当する。

耐震構造

地震で生じる揺れに耐えるように設計された構造のこと。

テラスハウス

テラスハウスは、連棟式住宅の一種。各住戸は2階建てとなり専用の庭がつく。
長所としては、庭つき一戸建て気分を味わえること。
短所は、家賃が高めに設定されること。

テラス

ダイニングやリビングから直接出入りできるようにした、庭先に向いた広めのバルコニーのこと。部屋と庭とをつなぐ中間的スペースで、石やコンクリートブロックを敷いて庭より一段高くしている。このテラスの上に設けた木の甲板がウッドデッキ。

天袋(てんぶくろ)

天袋には2つの意味がある。
(1)天井面に付いた形の吊り戸棚のこと。地袋と対応する語。
(2)和室の押入れの上部に設置されている収納スペースのこと。

土間

玄関の土足で使う範囲。地面のまま、しっくい塗り、石やタイル張り、土砂利仕上げなどさまざまな仕様になっている。

トランクルーム

マンションの住戸の玄関脇や地下、別棟などの共用部分に設置されている収納庫のこと。利用料が必要な場合は管理組合に支払い、専用使用する。 

な行

納戸

室内にある部屋状の収納スペースのこと。不動産広告などで「納戸」と表示してある場合、建築基準法で定められた居室の基準に、採光や通風などの面で当てはまらないことから、納戸とする場合が多い。「サービスルーム」「スペアルーム」「多目的ルーム」「フリールーム」などと表示してある場合も納戸と同義だが、洋室としての内装を施していても居室としての基準を満たしていないことが多い。 

は行

バリアフリー

Barrier Freeで、障害者や高齢者などが生活する上で障壁(バリア)となる部分を取り除くこと。具体的には、室内の床の段差をなくしたり、廊下や階段に十分な幅をもたせたり、手すりを設置するなど。公庫融資で最も低い基準金利を適用する住宅の技術基準では、和洋室等の段差の解消など、基礎的バリアフリーが条件の一つとなっている。

バルコニー

2階以上の住戸の外壁から、外にせり出して作った屋根のない手すり付きの露台のこと。上階に同様のバルコニーがあれば、それが屋根代わりになる。分譲マンション(区分所有建築物)では、バルコニーは共用部分にあたるため、住戸の居住者が専用的に使用できるものの、改造を加えたり、物置を置いたりしてはいけない。

引き戸

障子や襖のように、左右に引き動かして開け閉めを行う扉のこと。観音開きの扉に比べ、開放時に必要なスペースが小さくてすむ。台所や洗面室など、狭い部屋の扉として採用されることが多い。最近では、高齢者や車椅子を利用する方でも簡単に開閉できるということで、居室に引き戸を採用したマンションもある。

ビルトイン

「作り付けの」「組み込まれている」という意味。収納家具や設備機器が壁等と一体化するように設置されていることを指す。あらかじめ作り付けるスペースを計算してから、建物の構造や内装を決めていくため、機能的で見た目もすっきりする。住宅に組み込んだ車庫を「ビルトイン車庫」という。車庫から玄関脇やキッチンにつながるドアを付けることが多い。

フローリング

木の板を張った床のことで、見た目の美しさ、洋風のムードが受けて、近年人気急上昇中。 長所としては、見た目のよさや、掃除が楽、ダニが発生しにくい、アトビー体質の方には絶対お勧め。短所は、騒音問題。

防水パン

洗面所とか、脱衣所に設置されるプラスチック製で四角い皿状のもの。用途は、洗濯機を置くためのもの。防水パンはそういった水の受け皿となってくれる。

ま行

ミストサウナ

ほどよい熱さの霧状の蒸気が噴き出すサウナ設備のこと。約40度ほどで、湿度が高いため、肌や髪への刺激が少なく、のぼせることもない。浴室の床に置いて使うミストサウナも販売されている。

メゾネット

集合住宅の住戸形式の一つ。住戸内が2層に分かれていて、内階段で結ばれている。居住空間が立体的に配置でき、一戸建て感覚が味わえるが、ある程度、床面積が広くないと、この形式はとりにくい。 

や行

ユニットバス

強化プラスチックで、カプセルのような小部屋を作り、中に浴槽、シャワー、蛇口などを組み込んだもの。よく、ユニットバスはトイレとバスが一緒というイメージがあるが、それは間違いである。

養生(ようじょう)

建物や設備の工事中や完成後に、キズや汚れがつかないようシートで覆ったり、工事現場で災害防止のための処理を施すこと。

ら行

リフォーム

住宅の増改築、模様替え、修繕のこと。リフォーム費用を貸し出すリフォームローンもある。

ルーフバルコニー

階下の住戸の屋根部分を利用したバルコニーのこと。一般のバルコニーに比べてスペースが広く、開放感がある。リビングの延長として使ったり、パーティーに利用することもできる。「ルーフガーデン」ということもある。

レンジフード

キッチンのコンロから出てくる煙や臭気を排気するために、コンロの上部に設置される設備のこと。笠状の空気抜き(フード)と換気扇を組み合わせてあり、より排気効果を高める給気機能付きレンジフードもある。

ロフト

切妻屋根(断面が三角になる屋根)の場合、天井裏の中央部が高くなる。この空間を生かしてつくられるのがロフト。小屋裏とも呼ばれるスペース。
物置部屋として利用するケースもあるが、最近では寝室スペースとして利用する人が多い。1部屋増えるような感覚なので家賃が高めである。